女の人

ボトックス注射でほうれい線やシワを除去|ピシっと張りある美肌

小顔効果やシワ取りの整形

お腹を測る女性

プチ整形で安全な整形

小顔効果やしわ取りのニーズは女性を中心に多くなっています。この背景には、より美しくありたいという本来の願望に加え、高齢者が増えていることも要因となっています。つまり、美しく年を重ねたい人が増えているのです。もう一つ重要な背景があります。それは、小顔効果やしわ取りと始めとする整形が、安全でより低価格で受けられるようになってきたことがあります。現在でも様々な方法が開発されてきているので、今後はより安全でより低価格で整形を提供する美容クリニックが増えてくると予測されます。小顔効果やしわ取りに効果がある物質としてボトックスがあります。これはボツリヌス菌由来のたんぱく質の一種で、筋肉と神経の結合部に作用し、筋肉が動く際のプロセスを抑制します。しわは筋肉の収縮で表れるので、ボトックスによって表情じわが目立たなくなります。えらの部分の発達した筋肉を小さくして小顔効果をもたらすのも同様の原理です。具体的には、このボトックスをシワのある部分の皮膚の直下に注射します。注射を打つだけですので、整形といってもメスで皮膚を切ったり、縫ったりはしません。いわゆる「プチ整形」のひとつです。このメスを使わない整形であることが、ボトックスによるプチ整形の安全性を高めています。そのため、今後もこのニーズは高まっていくでしょう。

過剰な期待は禁物

このボトックスについて注意するべきことがあります。そのひとつは、ボトックスに対する誤解です。この物質はボツリヌス菌という極めて致死性の高い毒をもった菌由来のものですが、プチ整形に使われるのはこの菌そのものではなく、この菌がもつたんぱく質の無毒化されたものを注射します。そのため、ボトックス注射で体内で何らかの菌が増殖することはありません。また、注射するボトックスの量は多くし過ぎないことです。実際には注射する量は、美容整形の専門の医師が決めるので問題はありませんが、急激な小顔効果を期待して過剰な量の注入を医師へ要求するのは控えるべきです。なぜなら、ボトックスは、筋肉の動きを抑制するものなので、過剰な量を注入すると筋肉が必要以上に衰えてしまい、結果として後々に皮膚がたるんでしまうからです。特に顎のエラの部分のサイズを小さくしたい方は一刻も早く小顔になりたいとの気持ちから、劇的な小顔効果を望んでしまう場合があります。しかし、医師は単なる美容効果だけでなく、顔・皮膚・筋肉それぞれの健康を保った上での美容整形を行います。過剰な期待を抱くことは注意しましょう。加えて、シワは年齢とともに徐々に深くなる性質があります。そのため、シワが出始めた時点で少量のボトックスでシワ取りをしておくと、その後のシワの深まりが抑制されます。シワの治療も早期発見が重要です。