女の人

ボトックス注射でほうれい線やシワを除去|ピシっと張りある美肌

ボツリヌス菌から応用

注射

医療用で安全性も高い

ボトックスとは食中毒を起こすボツリヌス菌の毒素であるボツリヌストキシンの毒素を大幅に弱め薬にしたものです。当初は眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚、四肢痙縮の治療薬として用いられていました。ボトックスは神経伝達物質であるアセチルコリンの伝達を阻害する働きがあり、筋肉が緊張しているところにボトックスを注射すると、筋肉の緊張が解け、弛緩した状態になります。近年、ボトックスが持つこの筋弛緩作用を応用し、顔面の皺とりや輪郭矯正などを目的に美容外科で使われるようになりました。目じりの皺や眉間の皺にはすぐに効果が現われ、メスを使わず手軽であることから美容外科では大変人気のある施術になっています。医療用に使われてきた実績から、安全性にも問題はありません。ボトックスを表情筋に注射すれば、表情筋の動きを制限するため皺ができなくなるのです。適切な量を適切な筋肉に注入すれば、すでにできていた皺を改善するだけでなく、皮膚のはりが出て若々しくなるという効果も望めます。ただし、ボトックスの効果は半年程度で消えてしまいます。皺とりの効果を持続したければ、一定期間ごとにボトックスの注射を続けなければいけません。一箇所の注射料は5万円ほどです。

手軽なプチ整形として

ボトックスには皺とり以外にも小顔を望む人へのエラとり効果もあります。エラが張っていると顔が横に広がったように見えてしまいます。下顎には咬筋という筋肉があります。ボトックスをここに注射することによって筋肉の動きを弛緩させてフェイスラインをすっきりさせようというものです。ボトックス注射の効果が出るまでには一週間程度の時間がかかるようです。また、ふくらはぎボトックスというものもあります。脚を細く美しく見せたいというのは多くの女性が望むところです。しかし、すでに筋肉が発達していて細く見せるのが難しいなどいろいろ悩みが多いのも事実です。そこで活躍するのがボトックスの筋肉弛緩作用です。ふくらはぎにボトックスを注入することによりふくらはぎの筋肉が弛緩してしだいに細くなって行きます。注射からおよそ2週間程度ではっきりと効果が認められるようになります。ただし、筋肉を弛緩させるため、注射後の数日間は脚にだるさを感じたり、歩きにくさを覚えたりすることもあります。その間は脚を特別に使う作業や運動は避けた方が無難です。ボトックス注射は安全で手軽にできることから、多忙な日々を過ごす女性たちの美しくなりたいという願いをかなえる手段として人気を呼んでいるようです。